名古屋の「マンスリーマンション」の現状

マンスリーマンションと言えば、言葉通りに契約期間が1ヶ月単位の契約を呼びます。しかし、昨今は契約も多様化しており、1ヶ月に満たない契約方法でも「マンスリー」の名前で契約書が作られる場合もあります。殆んどは、「短期借家契約」や「定期借家契約」と書かれています。地方から短期間の期間工として働く場合に、会社備え付けの寮での共同生活を避けて、個人や会社契約で借りることが増えている様です。会社も寮を運営する固定経費を嫌う方向にありますし、共同生活に馴染めないひとも増えているのが原因でしょう。名古屋では、国内大手の自動車産業がありますが、長引く不況の影響で、出稼ぎや派遣での働き手が減り、賃貸運営も苦境に立たされています。数年前は、工場周辺に部屋を確保することが困難な為に、派遣業者が短期従業員向けに「空き部屋のまま」契約して押さえていましたが、リーマンショック以後は、一斉に手放した為、賃貸がだぶ付いています。部屋を空けたままでは収入になりませんので、入居者を増やす為に、賃貸の割り引きや特典を良く目にします。マンスリー賃貸契約は、普通の定期借家契約に比べて割高になりますが、家賃に「水道・光熱費等」を含んだ契約方法もあります。先の「割り引きや特典」を得られると、普通に借りるより安くなる場合もあります。長期の賃貸料を先払いとなるとかなりの出費になりますので、マンスリーと呼ばれる契約では、短期間の契約が多いです。また部屋も、単身者や短期契約者向けに「家具・家電」を備え付けた部屋もあります。

名古屋にあるマンスリーマンションの選び方

マンスリーマンションとは短い期間でマンションを借りることです。マンスリーマンションを借りる人の特徴としては、サラリーマンの出張や、短期間の学校等が考えられます。名古屋でこのマンションを借りる際考えなければならないことは、出張先や学校の近くに借りるということを1番に考えなければなりません。短い期間で借りるため、あまり遠い場所にマンションを借りたのでは時間がもったいないです。さらに名古屋にはたくさんのマンスリーマンションがあります。その中には価格の高いマンションや安いマンションも様々です。学生がマンションを借りるのでしたら、必然的に安いマンションになってしまうと思いますが、サラリーマンの方が会社の出張でマンションを借りるようになった場合は、マンションの費用は会社の負担になるので、高いマンションを借りることも可能になってきます。やはり高いマンションのほうが立地条件や設備がとても良いので、予算の許す限り高級なマンションを借りたほうが得だと考えられます。そしてこのマンションの1番の特徴は契約期間が短いことのほかに、家具などがすべてそろっているということです。短い期間のためにすべての家具をそろえることは難しいです。その点、すべての家具がそろった状態でマンションを借りることができるので、家具を買いそろえる必要もないし、マンションを出るときにも家具を処分する必要もありません。このように、短い期間で借りる人にはぜひともお勧めしたいマンションです。